calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

profile

categories

latest entries

recent comments

recommend

links

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

<< 【報告】 大東市立生涯学習センター アクロス | main | 【報告】交野天神社 観月祭 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

【報告】滋賀県甲賀市 白川神社祇園祭

 

730日 滋賀県甲賀市土山町の白川神社のお祭りで
乙女文楽を見ていただきました。


白川神社は東海道の土山宿にあり、
天照大神や速須佐之男命などを主祭神とする
とても古い神社だそうです。


毎年この時期には祇園祭があり、
私たちは宵宮に参加させていただきました。

大きな土俵の上に舞台がしつらえてあり、
恒例の「泣き笑い相撲」がはじまりました。


なんと生後
6ヶ月から3歳くらいの赤ちゃんが、
抱っこされて土俵に上ります。
するとひょっとこのお面をかぶった人が出てきて、
行事さんの掛け声で「のこった、のこった」
‥‥泣き出す子供やニコニコ喜ぶ子など、
会場は拍手や笑いに包まれます。
赤ちゃんの無病息災を願う楽しい相撲大会でした。


その後、会場の皆さんと共に懐かしい歌を歌う
催しがあり、いよいよ「乙女文楽座」の出番です。


『二人三番叟』と『傾城阿波の鳴門』を
見ていただきました。

「やっぱり巡礼歌には泣かされますねえ」なんて
目頭を抑える人が居たら
手前味噌ですが、舞台の上でも泣けてきます。


終わってから何人もの方から
「泣けたわ」と声をかけていただきました。


帰りの夜道は清々しく思わず
「坂は照る照る鈴鹿は曇る、あいの土山雨が降る」
なんて馬子唄を口ずさみながら帰路につきました。

| 活動の記録 | 15:26 | comments(0) | 乙女文楽座 |

スポンサーサイト

| - | 15:26 | - | スポンサードリンク |

Comment

Send a message










Trackback URL

http://otomebunraku.jugem.jp/trackback/36

Trackback